ムートン


400年ほど続く伝統工芸の技法を受け継いだ「江戸鉄瓶」 1つの鋳型から1個だけしか作り出さない繊細な紋様。

メインイメージ
一つ一つ紋押しされた鮮やかな霰紋は迫力があり、重圧感があります。


代表的な霰(アラレ)紋様を施した鉄瓶です。鋳型に均等に一つ一つ紋押しされたアラレは蓋を合わせて1600個程あります。故に大変手間のかかる技法です。
手作りならではの味わいある鋳肌はきれいで、鮮やかな霰紋は迫力があり、引き締まった重圧感を感じさせます。鉄の硬さを感じさせない柔らかなフォルムを表現し、肉厚の薄さで軽さや使い勝手のよい鉄瓶を実現。見えないところの処理(内部注ぎ口の付け根等)や、本体と蓋の合わせがとても優美。本体と蓋の間にズレがあると蓋が閉まらず、より高度な技術が必要とされます。鉄瓶の内面は伝統技法の釜焼きを用い、さび止めのための酸化皮膜をつけています。
袋弦(ふくろつる)と蓋の摘みには虫食いの細工が施されています。日本の「わび・さび」を感じさせる江戸鉄瓶独特の落ち着いた深みのある色のように、虫食いは枯れた風情を醸し出し、華やかさだけではない日本人特有の奥深い豊かさを感じさせてくれます。また、穴が空いていることにより熱が逃げやすくなっております。鉄鉢形の「鉄鉢」とは、古来よりたく僧侶が食物を受けるのに用いた鉄製の丸い鉢のことをいい、鉄瓶の代表的な形であります。ナランスのとれた平丸、側面は美しい曲線の形状です。

表面の細かい糸筋の線引紋様。 手作りならではの味わいある鋳肌。

江戸鉄瓶
江戸鉄瓶

江戸鉄瓶 関連商品
list list list
江戸鉄瓶 玉形線引 江戸鉄瓶 鉄鉢形霰紋 江戸鉄瓶 宝珠形肌

男のキッチン