南部江戸鉄瓶とは
 
 からかみは唐紙(とうし)と書きますが、その名の通り中国の唐から奈良時代に伝えられた美しい細工紙のことです。当時は貴重な舶来品のひとつであり、また文字を美しく見せるとされた唐紙は、上流貴族の様な限られた人の間で手紙や詩歌を書く為の料紙として愛用されていました。
 平安時代に、京の都でからかみが生産され始めると、貴族文化に広く浸透して、寝殿造りの襖・障子にも使われ始めました。その後、時代と共に公家・武士・茶人へと広まり、江戸時代には町方庶民にも親しまれるようになりました。この頃には襖紙としての唐紙が確立され、江戸への遷都も相まって唐紙は全盛期を迎えます。しかしながら、当時の紙の製造技術では奉書紙程度の大きさの紙しか漉けず、襖1枚を仕立てるのに12枚の唐紙を継いでいました。
 江戸時代中期には京都には13の唐紙業者があり、江戸・大坂にもそれぞれ加工業者がありました。しかし印刷技術の進歩と共に機械印刷に圧迫され、現在における唐紙業者は京都に2業者残るのみとなりました。それに伴い、江戸時代とは違い希少価値の高い襖紙へと移行することとなりましたが、今もなお襖・壁紙など室内装飾の伝統工芸品として伝え続けられています。

南部江戸鉄瓶説明


南部江戸鉄瓶説明

 京からかみを簡単に言い表すと版画のようなもので、朴の木(ホオノキ)に手彫りを施した版木を使います。その表面にキラや胡粉と呼ばれる絵具を付け、和紙や鳥ノ子紙に手のひらを使って摺り上げます。バレンを用いず手のひらを使うことで、絵具が紙にふんわりと付着し、機械印刷には出せない独特のムラが現れます。これが手摺りならではのやわらかな表情となるのです。
 唐紙の文様には、中国的なものをはじめ日本文化に深く根をおろし日本人の感覚を色濃く反映した独自のデザインが多く残っています。古くは寛永時代(江戸中期)開版の版木を使い、寺院や茶室、料亭・旅館などの需要に支えられ、文様・絵具・道具共に今日まで伝統を守り続けられています。

南部江戸鉄瓶説明

 京からかみが最も溶け込む空間、やはりそれは和室でしょう。光の角度によって浮き出たり消えたりもする唐紙文様は、装飾の調和を取りながら和室のしつらえを損なわず、しかしながら十分にからかみの存在を感じさせます。
京からかみの可能性を考えながら新たな商品として壁を飾るからかみパネル・ベッドサイド照明や室内用ペンダントライト等、京からかみプライベート製品が開発されています。

 
南部江戸鉄瓶説明